1番重要なサービス「安心返金保証」についてはこちら
成分

ハーブガーデンシャンプーは危険な合成香料ではなく、天然香料使用!

ハーブガーデンシャンプー 合成香料
ハーブくん
ハーブくん

 ハーブガーデンシャンプーはどんな香り

 合成香料・天然香料の違いが分からない

 合成香料って悪い物なの?

 合成香料は肌への刺激性が強いって聞くけどハーブガーデンシャンプーは天然香料?合成香料?

シャンプー博士
シャンプー博士
このような疑問について答えます!!!

ハーブガーデンシャンプー公式サイトはこちら

香料の説明

香料とは

香料(こうりょう、flavor)は、食品に香りと味の一部を付与する食品添加物(フレーバー)と、食品以外のものに香りを付けるフレグランス(香粧品香料)に大別される。

引用:Wikipedia

つまり、香料とは文字通り何かに香りをつけるものなのです。

 

香料の種類

香料の種類は合成香料と天然香料の2つに分けられます

 

<合成香料>

人工的に製造された香料を合成香料と言います。

さらに合成香料は以下の2つに分けられます。

①自然のものから、芳香物質を取り出して作った合成香料

普段生活しているとローズの香りを様々な場所で感じれると思いますが、それらの多くは実際にバラを原料にしている物ではなく、バラと同じ香り成分を持つ植物から芳香物質を取り出して香りを似せている場合がとても多いです。

なぜバラそのものを使わないかというと、バラよりバラと同じ成分を持つ代わりとなる植物の方が原価が安い場合が多いため違う植物を利用することが多いのです。

これはもちろんバラに限った話ではなく、様々な香りを再現するために用いられています。

 

②石油系原料を使って人工的に作られた合成香料

天然香料や①の合成香料は原料が自然界にある物のため、原料それぞれによって香りに若干のばらつきが出てしまうのに対して石油系原料の合成香料は香りの濃度が常に安定しておりいつでも同じ香りを供給し続けることが可能です。

さらに香りの持続性も高いため多くの場面で活躍しており、香水、部屋・トイレの芳香剤などで使用されています。

 

<天然香料>

自然界に存在する動植物から抽出された香料のことを言います。

水蒸気蒸留や果皮圧搾などの方法によって抽出されます。

自然界にある物から芳香物質を取り出して香料を作るため合成香料と比べてコストが多くかかるため高額になるケースが殆どです。

香料について解説!

Aの香りを出したい場合に、

 Aから芳香物質を取り出してAの香りを出す A⇒A 「天然香料

 Aの香りに近いBから芳香物質を取り出してAの香りを出す B⇒A 『自然のものから、芳香物質を取り出して作った合成香料

 Aと全く関係のない石油系原料などを使いAの香りを出す C+D+E⇒A 『石油系原料を使って人工的に作られた合成香料

 

シャンプーと香料の関係性

ハーブガーデンシャンプー 合成香料

殆どのシャンプーには香料が配合されています。

中には、「無香料シャンプー」といった合成香料も天然香料も使用していないシャンプーもありますがシャンプー全体から見た場合その数は1割以下です。

つまり、9割以上のシャンプーで香料が使われており、シャンプーと香料は切っても切り離せない関係なのです。

殆どのシャンプーは合成香料

シャンプーは香料に関して成分表以外の場所に3ついずれかの表示をしています。

①「無香料」:香料を使用していないことを強調しています

②「合成香料不使用」:合成香料を使用せず天然香料を使用しているのを強調しています

③表記なし:合成香料を使用しているので特に何も表記しません

 

つまり、特別に表記する「無香料」や「合成香料不使用」が珍しく、香料に関して何も表記しない合成香料を使用しているシャンプーが一般的なシャンプーだと言えます。

ハーブガーデンシャンプー 合成香料

そのようなことから香料に関するシャンプーの比率はだいたいこんな具合です。

正確な数値ではありませんが、合成着色料配合のシャンプーが圧倒的シェアを占めているのは確実です。

 

有名なシャンプーの香料を調査

全てのシャンプーを調べることは出来ませんが、テレビCMやドラッグストアなどに置いてある誰もが知っているような有名なシャンプーの香料について調査しました。

 

【h&s】 【パンテーン】 【Dove】 【ラックス】 【クリアフォーメン】
ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤
【TSUBAKI】 【シーブリーズ】 【ボタニスト】 【ウル・オス】 【サクセス】
ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤 ハーブガーデンシャンプー 防腐剤

 

ハーブガーデンシャンプー 合成香料

これら全ての成分表には「合成香料」「天然香料」とは記載されません。

合成であっても天然であっても画像のように『香料』と記載されます。

よって、成分表を見ただけでは香料が配合されているのかどうかは分かっても合成か天然かまでは不明なのです。それを知るためには【殆どのシャンプーは合成香料】で説明したように成分表以外の香料についての表示を見つけることです。

上記の10商品は成分表以外香料についての記載が一切ありませんでしたので、これらの有名商品は「合成香料」だと分かりました。

 

合成香料の危険性

合成香料の危険は、使用者に対する危険周りに対する危険2つが存在します。

つまり、自分だけでなく自分以外の周りの人にも悪影響を及ぼしてしますということです。

以前までは、合成香料の強すぎる香りのせいで使用者が「頭が痛くなる」「めまいがする」などその一時の症状だと思われていたため合成香料の危険性があまり問題視されていませんでした。

しかし近年、使用者以外の方もそのような症状が出始め体調不良を訴える方が急増してきました。そして、その症状は「合成香料アレルギー」という名前まで付けられるほどになってしまったのです。

このアレルギーは合成香料に含まれる化学物質に反応して「喉の痒み」「咳」「頭痛」を発症させます。アレルギーなので一度発症すると完治することは殆どなく、薬で症状を抑えて生活していくしかありません。

 

アレルギー症状を発症させないためにはできるだけ合成香料を体内に入れないようにするしかありません。そのため、他人の香水などの合成香料は防げないにしても自分が合成香料を使用しない生活を心がけることが大切です。

今ではシャンプー・スキンケア・ボディクリーム・香水などあらゆる分野で天然香料を使ったオーガニック商品が販売されているのでできるだけそちらを使うことで合成香料アレルギーを発症させない工夫をしましょう!

米国やカナダでは合成香料禁止の動きが拡大

市職員が同僚の香料で呼吸困難に陥ったことがきっかけで、アメリカとカナダでは様々な州で合成香料使用自粛の動きが出ています。

現在では合成香料を使用しない、企業・学校・病院が数を増やしてきており合成香料不使用が浸透しています。

ハーブガーデンシャンプー公式サイトはこちら

ハーブガーデンシャンプーの香料について

ハーブガーデンシャンプー 合成香料

ハーブガーデンシャンプーのこだわり

ハーブガーデンシャンプー 合成香料

ハーブガーデンシャンプーは、植物という自然の力にこだわったシャンプーです。

画像からも分かるようにハーブガーデンシャンプーは38種類の天然由来成分から構成されていて、合成香料は配合されていません。

それもそのはず!

38種類の天然由来成分そのものがそれぞれの香りも持っているので合成香料に頼らなくても落ち着きのある香りが自然と出来上がっているのです。

また、38種類の中には天然の香料であるラベンダー精油オレンジ精油が配合されているのでのでより多くの人に好まれる香りを実現させたのです!

精油とは?

精油とは別名エッセンシャルオイルとも言われ、植物から抽出した高濃度の芳香物質のことです。

精油は貴重で植物から取れる量はとても少なく、1kg抽出するのにラベンダーだと100~200kg、ローズだと3~5トンも必要になってくる高級品なので市販のシャンプーでは殆ど配合されていないのです。

あわせて読みたい
ハーブガーデンシャンプー 全成分
【成分まとめ】ハーブガーデンシャンプーの全40成分の効果を説明!ハーブガーデンシャンプーの「成分」に関する記事です。配合されている全40成分の髪・頭皮に対する効果をお伝えします。...

 

ハーブガーデンシャンプーは〇〇な香り

ハーブガーデンシャンプー 合成香料

ハーブガーデンシャンプーの香りは、「オーガニックハーブウォーター」が構成割合の約30パーセントを占めることから「ハーブの香り」が1番感じられます。

ハーブガーデンシャンプーのベースはハーブの香り、そしてアクセントにラベンダーとオレンジの香りがふんわり感じられる優しい香りにできあがっています。いわゆる鼻にツンとくる香りや酔ってしまいそうになる不自然な強すぎる香りではないのでシャンプーで髪を洗った後は心地いい香りがほのかにか漂ってきます。

シャンプーに強い香りを求めている人はあまり向かないシャンプーだと思いますが、自然な香りを求めている人にはまさにピッタリのシャンプーだと言えるでしょう!

 

天然香料の安全性

ハーブガーデンシャンプー 合成香料

天然香料は、危険性は全くなく100%安全だと言えます!

それもそのはず、天然香料である精油は、病気や外傷の治療・病気の予防・心身の健康やリラクセーション・ストレスの解消などを目的とする療法であるアロマセラピーに用いられているのです。

 

安全や危険とは関係ありませんが、1つ懸念されることと言えば【ハーブガーデンシャンプーのこだわり】で説明したように植物から摂れる量が少ないのでどうしても高値になってしますことぐらいです。

 

ハーブガーデンシャンプーの香りによる効果

天然香料はリラックス効果など私たちの体と心に様々な効果をもたらします。

ハーブガーデンシャンプーに配合されているラベンダー精油とオレンジ精油は主に以下の効果が期待できます。

 

ラベンダー精油

ラベンダーは精油としての歴史も古く現在では150以上の効能が認められている万能精油です。心と体に多くの効果をもたらしますが1番は皮膚の再生効果です。

細胞を活性化させるため、切り傷や火傷、ニキビなどあらゆる肌問題を改善します。

そのためスキンケア商品に多く含まれている精油なのです。

 

その他には、リラックス効果・鎮痛効果・脱毛の予防・髪の強壮などの効果があります。

 

オレンジ精油

心を落ち着かせる効果が1番高いです。

職場の人間関係に疲れたり苛立ったり・不安や緊張で眠れなかったりするような時にオススメの精油です。

また、消化液の分泌を促進させるため胃や腸などの消化器系の不調を改善する効果もあります。

その他にも、育毛効果・フケ改善・ニキビ改善が期待でいます。

 

まとめ

ここまでのハーブガーデンシャンプーの香料についての内容を簡単に要点だけまとめます。

もう一度本記事の内容を思い出してみて下さい。

 

本記事を読んでいただいた方はもう一度あなたが何を求めているのか考えてみて下さい。

「危険性よりも安価な合成香料」と思うのであればそれもいいと思いますし、「安全性を考えて値段は高いけど天然香料」と思うのであればそれもいいと思います。

要は、あなたが使っているシャンプーはどういった物でどういうメリット・デメリットがあるのかということを知った上で納得して使って頂きたいと思います。

 

もしその上で天然香料のシャンプーを選ばれるのであれば私はハーブガーデンシャンプーをオススメします!

本記事でも軽く説明しましたがハーブガーデンシャンプーは香料以外も全て天然由来成分で作られている100%のオーガニックシャンプーです。「香料以外の化学物質は配合されていないか?」と心配する必要がなく頭皮と髪の毛そして使用者の健康を1番に考えたシャンプーなので、きっと満足して頂けると思います。

市販のシャンプーの香りが強くて嫌、体に優しいシャンプーをお探しの人はぜひ一度ハーブガーデンシャンプーを試したみて下さい。